海外から見た日本

オタク日本の文化は海外からみると変わったものも多くあります。しかし、海外の一部の人から共感を集めているものもあります。それはアニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーの世界です。日本のクオリティは世界一で、たくさんの外国人を惹きつけます。秋葉原にはオタクが集い、聖地となっています。こうしたアニメや漫画、さらにゲームの世界をよくわからない人に日本独自の文化として紹介したいと思います。

日本のオタクの祭典といえば毎年8月に行われるコミックマーケットでしょう。コミケと呼ばれるこの祭典は8月のお盆に東京ビッグサイトにて3日間行われます。来場者はイベント全体で9万人とも言われ、その集客力はすごいです。海外から来る人いるくらい有名なイベントとなっています。

このコミックマーケットでは素人が描いた同人誌などが売られ、世界で買えるのはここだけという商品がたくさんあります。また、会場内ではコスプレをすることもできます。大好きなキャラクターのコスプレをすることもまた、自己表現なのでしょう。会場内には売る側も、アニメや漫画ファンであるので共感を得られる人が多くいます。そうした環境は日常世界ではあまりないので、遠方からでもやってくるのでしょう。

ここに来る人たちの属性はさまざまで二次元の女の子を愛する男性や少年、また2日目にはボーイズラブという男性同士の恋愛ものを好む女性達もやってきます。年齢層は幅広く、日常での癒しを求めてこのイベントに参加します。

世間的にはちょっと偏ったイメージを持たれがちなこの文化ですが、そこに注がれるエネルギーは高く、一大マーケットになっています。自分の好きなものがはっきりわかっていることは人生を豊かにするのでしょう。そしてそこに行くために日々の生活を頑張っています。そんな素敵な文化が、日本にとって誇るべき文化になりつつあります。2次元の世界は本当に素晴らしく、きっと多くの日本人をこれからも虜にするのでしょう。

日本サブカルが好きな主婦が急増しており、結構お金を使っているみたいです。お金がないと趣味も満喫することができませんよね。大変です。そんなときには専業主婦のカードローンなんていかがでしょうか?専業主婦 カードローンがおすすめですね。