日本のマンガ日本の漫画

日本の漫画

日本のマンガ海外でも人気のある文化として漫画を紹介します。漫画は大人になっても日本では読まれています。海外用に翻訳されたものもたくさん発売されています。その中で人気のある漫画「NANA」について紹介したいと思います。

「NANA」の原作者は矢沢あいさんで有名な作品がたくさんあります。中でも「ご近所物語」や「天使なんかじゃない」はまだ実写化されていない昔の作品ですが根強い人気があります。ファッション性に優れていて、「パラダイスキス」は北川景子と向井理によって映画化された素敵な作品です。

「NANA」原作者の体調不良のため長期連載休止で、現在も未完です。また過去を振り返る回想形式なのでさまざまな謎を残しています。物語は2人のななが出会うことによって始まります。

20歳の誕生日に、偶然同じ電車で上京する小松奈々と大崎ナナは正反対の性格ながら意気投合しルームシェアを始めます。この2人をとりまく環境として、小松奈々には彼氏の章司と親友たちと田舎の美大を卒業後、まったくやりたいことがわからないが遠距離恋愛を解消するため、上京します。大崎ナナはロックバンドを恋人のレン、ノブ、ヤスと組んでいましたが突然レンがブラックストーンズを抜けて、メジャーデビューが決まったトラップネストに行ってしまいました。その結果ナナは夢を諦めきれず、一年後にじょうきょうすることになりました。

二人のななと周りの人々の感情がとてもリアルに描かれています。映画かもされていて、中島美嘉をはじめそっくりなキャストでした。

奈々の恋愛は上京してからわずかで浮気をされて、破局します。新たにノブと付き合いますが結局ナナの天敵であるトラップネストのタクミとできちゃった結婚します。こうしたことが仲が良かった2人に亀裂がはいり、のちにルームシェアを解消。別々の道を歩み始めてしますます。

しかし運命は2人を翻弄し、また繋がりを持たせていく展開にきっと夢中になるでしょう。悲しいことがたくさんある世の中をななたちが生きる姿に共感します。